会社概要

会社名 さんけんしゃ(株式会社 山研社)
代表取締役 山下眞弘
住所 〒700-0055 岡山県岡山市北区西崎2丁目1-5
連絡先 電話:086-214-3211
Fax :086-214-1666
e-Mail:pal@3kensya.co.jp
設立 昭和54年1月
従業員数 15名
資本金 1,000万円
事業内容 さんけん社は35年以上にわたり、学研、ポピー、東京学参など小中学生向け家庭学習教材・通信教育教材を、お子さまと保護者さまの立場に立ってご案内してきました。
人間の基礎基盤となり、生きる力を養うのが家庭学習です。さんけん社は、家庭学習を支え指針となる学習教材を通してエールを送り続けます。

配送センターより

さんけん社のスタッフは、ほとんどが現在子育てをしている女性です。
お子さまの健やかな成長を願いながら、ご質問をお受けしたり教材の手配をしています。
さんけん社では、「学研」のほか「月刊ポピー」なども取り扱っておりますので、教材の特徴をよくわかった上でご案内することができます。

代表挨拶

お子さまが学校に通う期間は、およそ20代半ばまで。全部合わせても15年間ほどではないでしょうか。その後は、厳しい社会に出て、自分の力で、自立して生きていかなければなりません。つまり、この15年間という短い期間は、「学ぶこと」を通して、ひとりの人間として「生きる力」を身につける期間といえるでしょう。

「生きる力」を身につける基盤となるのは、やはり家庭にあり、家庭学習にあります。学校の勉強はもちろん、それ以外にも、いろんなことに興味を持って学び取っていく力、応用していく力、そして発想を転換できる柔軟な力、つまりたくましく生きる力を、お子さまは家庭学習を通じて身につけていきます。

「天才とは1%の才能と99%の汗である」というエジソンの言葉があります。やればできる。必ずできる。そんな信念を持ち自ら学びを深め行動する人はまた、ひと粒の可能性をとことんまで追求し力強く実現する力があります。そしてその背景にはたゆまぬ努力が隠れているものです。

子どもには誰にでも無限の可能性があります。私たちは、その可能性を家庭であたたかく育み、お子さま自らの力で拓いていただきたいと願っています。学習するのに遅い早いはあるかもしれません。しかし、やれば必ずできるのです。私たちはお子さまの力を信じています。

家庭は、自ら積極的に学ぶ力、自学自習する力、そして納得できるまでくり返す力を養い、努力の大切さと「やればできる」ということも学ぶことができる場です。私たちは、家庭学習を支え指針となる、「21世紀を生きるお子さまの役に立ち 必要とされ 喜んでもらえる」家庭学習教材をお届けし、お子さまとお母さま、お父さま、おうちの方へ応援のエールをずっと送り続けます。

株式会社 さんけん社 代表取締役 山下眞弘

pagetop