中学生向け教材「学研マイティーネクストV」

資料請求さんけん社は、著作権保護のため「学研」が定めた規定を遵守し、紙面サンプル等の掲載は控えております。資料請求のお客様には詳しい資料をお送りしますのでご利用ください。
資料請求の後、弊社からの営業電話やご訪問は一切行いませんので、ご安心ください。


保護者の方へ

とにかく忙しい中学生。長時間の授業と部活の日々。そして土日も練習や行事。
文化祭や定期テストの準備など、本当にあわただしい日々のことと思います。
この先、お子さまが自分らしい人生を歩んでいくには、何が必要なのでしょう。

「脱ゆとり」新しい教育がはじまっています

平成24年度より「脱ゆとり」の新しい中学校教育が完全実施されています。
新しい学習指導要領では教科書ページ数が理科45%、数学33%、科目平均で25%増えます。主要5教科の授業時間は3年間で360時間増え、内容のレベルも上がりました。

また、思考力・判断力・表現力の育成が重視されるほか、公共精神を学び環境保全に寄与、伝統文化や他国を尊重する心など、知識社会・国際化に向け大胆な改訂がなされます。

このような中、従来の「高校受験のため」という狭い目的だけでなく、「生きる力を育むため」に学びをしっかり身につけることが大切です。

受験対策で大事なこと

中学生は学校活動だけで夕方まで時間を使います。
ですから、あれもこれも詰め込むことはできません。短時間で効率よく学習できる環境を整えることが大切です。

受験は高度な勉強が必要と思われるかも知れませんが、中1~中2範囲からの出題が67.7%(4教科平均)です。中1から授業内容を着実に理解し、積み残さないことが大切です。

日々の予習復習を行えば、定期テストや入試対策も効率よくできます。受験は入試試験のほか内申点も重視されます。定期テストや実技教科、部活など3年間の成績や生活の様子を判断されます。一夜漬けでなく、中学3年間の積み重ねが大事です。


中学生向け 学研マイティーネクストVの特徴

1. 増える・難しくなる授業に完全対応!
2012年度より、脱ゆとりで刷新された新しい授業がスタートしています。
中学校では教科書ページ数が全教科平均25%アップ、授業時数は3年間で360時数増加しました。先生は教えきれず、生徒もついていくのが大変です。内容も時間数も大幅にレベルアップした新しい教育に、旧来の学習システムでは対応できません。
マイティーネクストVは、新学習指導要領に完全対応するよう開発された新しい教材です。
2. 限られた時間で効率よく学力養成
中学生は学校生活だけで夕方まで予定がびっしりです。家庭での生活時間も限られるため、とにかくムダを排除し短時間で効率よく学習できる環境を整えることが結果を分けます。
教材の数が多すぎると継続ができません。また、少なすぎると学力がつきません。マイティーネクストVは限られた時間で効率よく学習できるよう考え抜かれた厳選教材で構成されています。

3. 「1教科」単位で3年間をフルバックアップ
受験は中1~中2範囲からの出題が67.7%(4教科平均)。中1から授業内容を着実に理解し、苦手分野を積み残さないことが大切です。
マイティーネクストVは、1教科単位で必要な教科だけを選んでご購入いただけます。毎日の復習・予習はもちろん、定期テストや入試対策も効率よく学習できます。
受験で重視される内申点は定期テストや小テスト、実技教科の成績など3年間の成績や生活の様子を判断されます。一夜漬けでなく、3年間の積み重ねのために今からスタートしてください。
4. 授業がより良くわかる教科書対応
毎日の学習の中心となる「要点・問題シート」は、教科書ごとに出てくる文章や単語などが違う英語・国語のすべての教科書に対応しています。
また「定期テスト対策予想問題」は英国数のすべての教科書に対応しています。(理科・社会は教科書対照表でスムーズに学習できます)
授業と違和感がないため、より正確・円滑に学習を進めることができます。

中学生向け年刊教材の長所と短所

学研マイティーネクストVは、1学年分がまとめて届く年刊教材です。
年刊教材の長所は、今日学校で習った内容が必ず教材に載っていることです。月刊教材だと授業進度などにより、手元の教材に載っておらず学習できない場合があります。

短所は月刊教材のように、学年の途中でやめられないことです。1学年分の教材発送、お支払いとなります。ただし、簡単にやめられるものは途中やめにつながりやすいですから、やらざるを得ない環境を整えられると考えれば長所といえます。

添削課題はありません

マイティーネクストVには添削課題がありません。
以前は学研にも添削課題がありました。しかし、添削課題は返却に数週間かかるのが普通で、子どもの興味が冷めた頃に戻ってきます。そのため、間違えた箇所の学習効果は高いとは言えませんでした。
マイティーネクストVは添削課題を廃止し、「解説解答集」をていねいで詳しい内容にしました。力だめしは教材内のテストで行い、間違えた箇所も取り組んだその日に詳しい解説で正しく理解できるように作られています。
ご質問・お問い合わせには編集元の学研ネクストが対応いたしますのでご安心ください。

ほかの学習法との比較

  長所 短所
学研マイティーネクスト
(年刊教材)
  • 年刊のため高い学力を一貫して育成できる
  • 時間の自由度が高い
  • 年刊のため学年の途中ではやめられない
  • 添削課題がない
通信教育
(月刊教材)
  • 毎月届くため学習ペースが作れる
  • 時間の自由度が高い
  • いつでもやめられるため途中退会しやすい
  • 添削が帰るまで数週間かかるため、気分がさめる
  • 教室に行くため強制力がある
  • 友達が一緒で楽しい
  • 塾に行っても家庭学習は必要
  • 時間の自由が低い


資料請求はこちらから

pagetop